4 5月
2016

TENEMENT テネメント


テネメント1

ランチ利用で広尾にある古民家カフェ「TENEMENT」へ。広尾って自分的には敷居が高くてアウェイな印象がちょっとばかしありましたが、仕事絡みでちょこちょこ足を運ぶようになってからはそんな印象が抜けつつあります。

お店の場所は広尾、恵比寿、白金高輪駅のちょうど中央になるようで、私は広尾駅から徒歩15分ぐらいで到着。お店近くの道路沿いにバスの停留所(恵比寿三丁目)を見かけたので、徒歩よりバスを使った方が早そう。

店名の「TENEMENT」は長屋という意味だそうで、築100年を超える長屋だった建物の一部をリノベーションし、オープンしたとの事。外観を正面から見るとお隣のお店同士が繋がって、長屋の面影が残っているのがわかります。

テネメント2

店内は1階が喫煙、2階が喫煙の分煙式。1階は混んでる事が多かったので、訪問した時は全部2階利用で。木造階段を上るとギシギシきしんだ音が心地よい感じです。

建物は2階の一部から下の1階が覗けるような吹き抜け構造になっていて、自分が座った席から厨房付近とカウンターテーブルに置いてあるDJ機材が見えてました。

ランチタイムは遅めの16時まで。ランチメニューは本日のパスタランチ、オムハヤシライス、ドライカリーなどの洋食メニュー。全て本日のポタージュスープ、季節のサラダ付き。プラス料金でドリンクやデザートも付けられる。3種類のドリンクが選べるケーキセットも有り。

テネメント4

本日のポタージュスープ、季節のサラダ

この日はそらまめのスープ、少々ドロッとした舌触りでクリーミーかつ濃厚。サラダはリーフレタスに柿、パルミジャーノチーズにビネガー系のドレッシングがかかってる。柿が入ったサラダって初めて食べたかも、特に柿とチーズの組み合わせが新鮮!

テネメント3

お店の名物、ドライカリー目玉焼きのせ 900円

玉葱と挽肉をトコトコ煮込んだ、人気メニューとの事。

豆やピクルスなど食材が点々とデコレーションされてたり、可愛らしいトッピング使い。裏面と縁がこんがり焼かれた半熟目玉焼きのてっぺんに刺さってる旗がなんだか懐かしい…お子様ライス的な遊び心。
カレー特有の辛さはほぼゼロで、スパイスは玉葱のコクのある甘さに覆われて目立たなくなってるのか、あまり感じません。例えると豆を抜いて辛さを無くした、少々とろみのあるチリコンカンみたいな印象で、一般的なカレーとはちょっと違うかもしれませんが、これはこれで好きです。

テネメント5

ランチ限定メニュー、チキン南蛮カリー 950円

お店のオーナーさんのご出身が宮崎だそうで、他のメニューも宮崎のご当地らしきメニューがちらほら。揚げたチキンの表面がフリッターみたいな軽さのある薄めな衣で、自分の知ってる厚みのある衣のチキン南蛮とはまた違った食感。
カレーは前回食べたドライカレーと同じく、辛さがほとんど無いタイプ。

テネメント6

プラス200円でホットコーヒー

ドリンクはセットと別料金ですが、トータル1150円でこのボリュームなら充分。

テネメント7

湯布院長寿畑直送、豆腐アイスのミニパフェ 780円

豆腐アイスと別に、もう一つのアイスにきなこか抹茶が選べ、この時は抹茶をセレクト。

生クリームと黒豆がトッピングされた和のパフェ。メニューがイラストだったのもあって、注文の時はミニサイズをイメージしてましたが、現物は想像より一回り大きかった様に思います。
抹茶アイスはスプーンで崩れにくい固さが少々ありつつ、口の中に入れると滑らかに溶けてく。抹茶感はあまり無くて、どちらかというと抹茶風な程度でしょうか。豆腐アイスはふんわり豆乳の風味があって、シャクシャクする様なシャーベット状。2つのアイスの下にはバナナの角切りとフレークが忍んでる。

お会計の際に、レジカウンターに置いてあった鹿のイラストの小マグカップが可愛らしくて購入したんですが、ある音楽イベントの記念商品だそうで、イラストの横に「INO hidefumi」、反対側に「innocentrecord」×「Billboard」のロゴマークが。
このお店のオーナーは猪野秀史さんというミュージシャンだそうで、あのDJ機材やレコードの多さにちょっと納得です。

メニューの提供が少々ゆっくり目な印象だったので、時間に余裕がある時に利用したいですね。それにバタバタしてる日の仕事の合間とかじゃ、ちょっともったいない気がして。


【TENEMENT テネメント】

[HP]
TENEMENT

tenementカフェ・喫茶(その他) / 広尾駅白金台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントをどうぞ!

PAGE TOP