1 1月
2010
Posted in: 東京
By    1 Comment

cafe 1894


東京駅近くにある「cafe 1894」にランチ利用で行ってきました。

1894カフェ1

こちらのお店の門松をお借りして、
写真でお正月の雰囲気を演出してみました(笑)

1894カフェ2

場所はJR東京駅の国際フォーラム近くの、丸の内ブリックスエリア内。
去年の9月にオープンしたカフェ。

1894カフェ3

このカフェの入ってる建物は三菱一号館という日本最初のオフィスビル、
1968年には一度取り壊しをして、ここ最近建物を復元したようです。

ぐるなびの説明だと、明治時代に銀行の窓口として使われていたフロアを
カフェとして使ってると説明されてましたが、
詳しくは復元された建物内でカフェとして営業…という事みたいですね。
三菱一号館にはカフェの他、ストアや美術館としてのスペースもありました。

この建物を設計したのは、近代建築の先駆者ジョサイア・コンドル。
主に重要文化財や財閥関係の建物を設計された方だそうですね。

1894カフェ4

店内はの西洋風の二層吹き抜けの造り、
天井が高く、窓から光もほど良く入ってかなり開放的。
上品で贅沢な造りというか…当時の社交場みたいな清楚な空間。
銀行だったその当時の事を想像するだけでワクワクします。

ランチメニューですが、

・蒸し野菜プレート
・蒸し野菜プレート チキン添え
・キッシュプレート
・週替わりランチプレート
・ミックスサンドウィッチ
・クロックムッシュ
・アメリカンクラブサンドイッチ

ランチを注文すると、ドリンク(コーヒー・紅茶)を300円で提供。

夜はワインやビール、肉料理などが楽しめるそうで、
建物を設計したジョサイア・コンドルが英国人だったのにちなんで、
フィッシュ&チップスやギネスビールなど、英国メニューも楽しめるようですよ。

1894カフェ5

店員さんがオススメしてくれた、週替わりランチプレートを注文。
店員さんが料理を細かく説明してくれたんですが、
友達と話しに夢中になって忘れてしまいました。

スープは上品なコンソメ味。
ライスは海老と細かく刻んだ野菜のマリネがご飯の上にかかっています。
その他サンドイッチ、そして鶏肉といんげんのクリーム煮は
味が良く浸み込んであっさりと食べれました。

1894カフェ6

蒸し野菜プレートのチキン添え。
野菜とチキンのダシが合わさって美味しかった。

ちなみに、こちらのお店の野菜は、江戸・東京野菜を使用してるとのこと。

1894カフェ7

柚子のシャーベット、プレートセットでデザートが付いてたようです。
口の中でほのかに広がる上品な柚子の味、
フルーツも添えてあって盛り付けが映えます。ソーサーも格調高い感じで素敵。

1894カフェ8

お互いコーヒーを付けました。

少し薄めで香りの良いコーヒー、飲みやすくて美味しいです。
カップソーサーがこれまた上品なので、余計に美味しく感じますね。

ちなみに、こちらのコーヒーはオーガニックコーヒーなんだそうで、
嬉しいことにお替り自由。

店員さんが積極的に「コーヒーどうですか?」と勧めてくれるので、
この時4杯分飲ませていただきました(飲みすぎ?)

1894カフェ9

帰りに建物内のストアによって、お土産を購入。
水中花というお洒落な金太郎飴を買いました。

ちなみに、ストアのロゴも含めて建物の施設のデザイン類は
デザイナー服部一成が制作、流行のないデザインがすごくかっこいい。

ランチは全て料理のみで1000円以上、
少しお値段が張るかも知れませんが、リラックスできる空間で納得という感じです。
個人的にコーヒーが飲み放題だったのもあって、すごく満足。

建物が本当に素敵なんですよね、
また東京駅近くに行ったら寄りたいと思います!

【cafe 1894】※ぐるなびより
●住所
千代田区丸の内2-6-2 三菱一号館

●営業時間
[月~金]
AM11:00~pM23:00 (L.O.pM22:00) 

[土・日・祝]
AM11:00~pM19:00 (L.O.pM18:00)

●定休日
不定休 (丸の内ブリックスクエアに準ずる)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントをどうぞ!

PAGE TOP